これから車購入入門

車を売却での悪質業者の例

車を売却したあとでも、気をつけておくべきことがあります。
それは税金の還付です。

 

悪質な買取業者ですと、
この税金が還付されても、こちらの渡しません。

 

なぜこのようなことができるのかというと、車の所有者に原因があります。
車を売却して所有者が変わるので、税金の還付が現所有者、つまり車屋に返納されます。

 

ですので、全所有者にはその通達がこないのです。

 

そして、このような買取業者は、車を売却する際の書類の中に、
税金の還付に関しての書類も紛れ込ませてサインさせています。

 

こうすることによって、後で気づいても書類にサインしているので、
時すでに遅し。
税金はあなたの元に返ってこないのです。

 

対策として

 

こういうことにならないように、あらかじめ税金の還付に関しては確認しておくようにしましょう。

 

他には、車引取り直前で、その価格では買取できないという、
ドタキャンもあります。
こういうケースは車を乗り換えで売却したので、泣き寝入りするしかない。
という状況になってしまいます。

 

こうして後で買取額を変えることによって、
安く買い叩くという悪質な業者もいることを覚えておきましょう。

 

こういう目にあわないためには、
査定額を保障するような書類をこちら側で作成し、買取業者にサインさせましょう。
そうすることによって、法的に効力もちますので、あとで査定額を変えられる。
ということはなくなるでしょう。